大人ニキビは皮膚科で治療

By :

大人ニキビは20代以降のOLや主婦に多いのが特長です。また、大人ニキビで悩む方々は、思春期の頃にニキビで悩んだことがない方が多いのです。

何故、思春期の頃にニキビで悩まなかった方々が、大人になってニキビに悩むようになったのでしょうか。

実はその原因は非常に高い確率で「ストレス」の影響によるところが大きいようです。

20代は男性も女性もそうですが、就職や結婚など、生活環境が劇的に変わることが多いです。

それらの影響が「ストレス」になり、大人ニキビを発生させる原因になっているようです。

また、女性の場合は生理不順も影響があるようです。ストレスで生理の周期が狂い、それが原因で肌に影響を与えることもあります。

大人ニキビの出やすい場所は鼻・あご・首など顔の下半分に出来やすい傾向があります。また、化膿している場合や触ると痛みがある赤ニキビであることが多いです。

ニキビの程度としては、かなり深刻な状態になっているニキビであることが、大人ニキビの特長でもあります。

ティーン向けの化粧品(化粧水)は、肌をサッパリさせる効果が高く、肌をカサつかせる場合があります。そのため注意が必要です。

また、大人ニキビの特長である赤くなったニキビを市販の化粧品(化粧水)で治す場合は、ニキビが赤くなる、またはかゆくなるような症状が出たら、その化粧品(化粧水)の使用はやめましょう。

薬や化粧品(化粧水)で治りそうにないニキビは皮膚科で相談することをお薦めします。

大人ニキビが赤く腫れ上がって炎症を起こしているニキビは皮膚科で治療を受けて下さい。

自己流の治療法を長い時間行うよりも、早めの段階で病院の的確な治療を行えば、大人ニキビは痕を残さずきれいになります。

症状の程度は関係ありません。小さな大人ニキビでも完璧な肌を取り戻したいのなら、病院での治療を行って下さい。症状が軽い段階の大人ニキビでも病院は診察してくれます。

【ニキビ治療予防対策ワンポイント】
大人ニキビの原因はストレスであることが多いです。化粧品(化粧水)で治す場合は、慎重に選んで下さい。また、早めに皮膚科に行くことをお薦めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です