ニキビにはビタミン摂取が大事

By :

ニキビ予防ときれいな肌を保つ為には、ビタミンを摂取する食事は必要不可欠です。

ビタミンAECを多く含む食べ物は「ほうれん草」と「かぼちゃ」です。また、ビタミンB群(B2・B6)を多く含む食べ物は「レバー」「さんま」「いわし」などです。

「ほうれん草」「かぼちゃ」「レバー」「さんま」「いわし」などをなるべく摂取するような食事を心がけて下さい。各ビタミンの役割は以下になります。

ビタミンA

緑黄色野菜に含まれるベータカロチンが体内でビタミンAに変わりますので、ビタミンAを摂取する為には、緑黄色野菜などの食べ物を食べるようにして下さい。

ビタミンE

ビタミンEは血液の流れをよくする作用があります。また、皮膚の酸化を防止する役割があり、ビタミンAと一緒に摂取することで、より効果があります。

ビタミンC

ビタミンCはビタミンEの効果を高める作用があります。また、ビタミンCはコラーゲン生成にかかせないものです。また、メラニン色素の制御などの働きをします。

ビタミンCは体内にとどまる時間が短いです。通常2?3時間で排泄されてしまいますので、朝・昼・晩の間隔で、ビタミンCを摂取して下さい。目安としては、1日50mgです。

ちなみにタバコを吸う人は、一本につき1日のビタミンC必要量の半分が失われます。タバコの煙を吸うだけでもビタミンCは消耗されるので、周りの喫煙者にも注意して下さい。

ビタミンB群

ビタミンB群(B2・B6)は、健康的な肌を作る為に必要なビタミンです。脂っこい食事をしている人は、ビタミンBが不足になりがちですので注意して下さい。

ビタミンB2とビタミンB6は、偏ることなく両方をバランスよく取るようにしましょう。

パソコン作業にはビタミン

パソコンで長く作業する人は、電磁波の影響で過酸化脂質が増える状態になっているため、ビタミンA・C・Eを摂取して下さい。

【ニキビ治療予防対策ワンポイント】
ニキビ治療予防対策として、ビタミン摂取に心がけて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です