紫外線日焼け対策

By :

ニキビ肌は紫外線が大敵

紫外線はニキビの大敵です。ニキビが悪化して、きれいな肌を保つことが難しくなります。紫外線はニキビ肌にとって、とても有害なものなのです。

紫外線が良くない原因

紫外線を浴び続けると、角質が紫外線を防御しようとして角質が厚くなります。これにより、毛穴がふさがれて毛包に皮脂がたまりニキビが出来やすくなるのです。

また、メラニンが増えやすくなり、ニキビ痕がシミになりやすくなります。

紫外線を防止する方法

女性の場合は紫外線が強い時期に限らず、紫外線防止効果のある化粧品を使うことをお薦めします。

紫外線は季節を問いません。基本的には一年中浴びていることを忘れないで下さい。

特に紫外線が強い時期は、化粧品と共に帽子や日傘を利用して下さい。帽子や日傘は暗い色を使用して下さい。何故なら、白は通過性が高いからです。また、地面からの照り返しにも十分に気をつけて下さい。

紫外線を防止する方法

日焼けした肌はすぐにケアをしないと、シミや小ジワの原因になりますので、必ず日焼け対策を行って下さい。

ヒリヒリしたり過度の赤い日焼けは、ヤケドと同じですから、とにかく冷やすことをして下さい。ガンガン冷やして熱を取る日焼け対策をして下さい。

ある程度落ち着いてきたら、鎮静効果のあるローションを使って、肌を落ち着かせて下さい。その後は、肌への水分補給を忘れないようにして下さい。日焼けした肌は乾燥しているからです。

乾燥肌もニキビになる原因の1つです。日焼けによる乾燥肌のも十分気をつけて下さい。

にきび,肌,紫外線

紫外線対策は日焼け止め商品

紫外線は太陽光に含まれる目に見えない光成分で、波長が短く強いエネルギーを持っています。

紫外線の有用な作用として殺菌消毒、ビタミンDの合成、生体に対しての血行や新陳代謝の促進、あるいは皮膚抵抗力の昂進などがある。

波長による分類法として、UV-A、UV-B、UV-C、およびVUV(真空紫外線)に分けられます。

UV-A、UV-Bはオゾン層を通過して地表に到達しますが、UV-CとVUVは物質による吸収が著しく、通常は大気を通過することができません。

そんな紫外線ですが、ニキビ肌にとっては大敵です。

肌を直接攻撃してにきび跡やシミ・くすみの原因を増やしたり、にきび跡やシワ・たるみの原因、ニキビ悪化の原因になります。

ニキビ肌の方は外出時には、紫外線対策は必須です。日焼け止め選びのポイントは『SPR値』『PA値』『紫外線防止剤の種類』に注意して下さい。

『SPR値』『PA値』は、紫外線をどのくらい防ぐかの目安です。もちろん、日焼け止め選びで一番注意するポイントは、肌に合うということです。

【ニキビ治療予防対策ワンポイント】
ニキビ肌には紫外線は大敵です。1年を通して、紫外線対策を心がけて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です