ニキビ肌の洗顔方法と化粧品

By :

ニキビ肌は刺激に弱いので、しっかり泡立てて優しく洗うようにして下さい。それから洗顔後のタオルにも気をつけましょう。。

せっかく洗顔したのに奇麗なタオルを使用しなかったら、意味がありません。また、ゴシゴシと力強く拭いていたら注意して下さい。

肌に優しい柔らかい奇麗なタオルを使用して下さい。力強く拭くのではなく、優しく押さえ込みながら水分を取るのがコツです。これがニキビ肌洗顔方法です

オイリー肌予防改善対策は、スキンケアと食事から予防改善対策をしましょう。

ニキビケア予防対策は、肌から皮脂を取り除くことが大切ですが、皮脂を取る過ぎると逆に皮脂が過剰に分泌されることがあります。また、乾燥しても皮脂過剰になります。

ですから、皮脂を取り除きすぎないように注意して、肌が乾燥するようなら化粧水で補水しましょう。

食事は皮脂の分泌量をコントロールする「ビタミンB群」が多く含まれている物を摂取するようにしましょう。ビタミンB群は「レバー」「さんま」「いわし」などに多く含まれています。

古い化粧品はニキビに危険

古い化粧品などは肌に良くありません。ニキビが出来る原因になります。

長期間使っていなかった化粧品を久しぶりに使うような場合は、十分注意して下さい。また、去年使った日焼け止めクリームなどを使用することは、あまりお薦め出来ません。

長期間使っていなかった化粧品は、おもいきって新しい化粧品に変えましょう。

オイリー肌とドライ肌

同じ肌なのに夏はベタつき冬はカサついたりと、同じ肌なのに季節によって肌のタイプが変わるのは、皮膚のもつ体温調節作用が関係しています。

夏は血管を開いて体の熱を放出します。冬は体内の熱を逃がさぬように血管を収縮させます。

ですから、夏は血行が良くなり新陳代謝が活発になることで、皮脂量が増えますし、冬は新陳代謝が鈍くなるので、肌が乾燥してターンオーバーが遅れます。

また、年齢が高くなるほど、皮脂の分泌や新陳代謝が衰えますので、年齢を重ねるとドライ肌になっていきます。

顔の場所によっても、水分量と皮脂量は違います。鼻が一番皮脂量が多く、次に額です。ようするにTゾーンと呼ばれる部分です。

水分が不足しやすい部分は、目元、口元、眉間、頬、などです。これは、個人差がありますが、ほとんどの人に共通しています。

ですから、Tゾーンにニキビが出来ているなら皮脂を取るように心がけ、目元口元にニキビが出来るなら、水分補給を心がけて下さい。

【ニキビ治療予防対策ワンポイント】
ニキビ肌の洗顔は、優しく洗顔して奇麗な柔らかいタオルで押さえ込むように水分を取りましょう。肌への刺激は大敵です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です