乾燥肌ドライ肌体質改善

By :

乾燥体質(乾燥肌)はニキビが出来やすくなります。何故、乾燥体質(乾燥肌)だとニキビが出来やすいかを説明します。

乾燥体質(乾燥肌)とは、皮脂の分泌量と水分量がコントロールされていないことが特徴です。そして、乾燥体質(乾燥肌)を作りやすい原因の1つがエアコンです。

エアコンが乾燥体質(乾燥肌)を作りやすい原因は、気温が低いために皮脂量が増えなくなるからです。また、湿度が下がることも原因です。

普通は気温が上昇することで皮脂腺の活動が活発になり、皮脂の分泌量が増えるのですが、エアコンの影響で気温が低く皮脂量が増えないことで、乾燥肌になりやすくなります。

また、角質細胞の水分が少なくなると、角質が厚くなります。これは肌が外界の刺激から守ろうとするからです。

角質が固くなると毛穴が狭くなります。毛穴が狭くなると皮脂が詰まりやすくなり、細菌が繁殖しやすくなるので、ニキビが出来やすくなります。

乾燥体質(乾燥肌)の対策改善方法としては、洗顔で皮脂の取り過ぎに注意することです。そして、弱酸性洗顔剤を使って洗顔して、化粧水などで水分補給をして下さい。尚、油分の多い化粧品は逆効果なので注意して下さい。

化粧水で水分補給をすると同時に角質層の保護機能をカバーすることも大切なので、美容液や乳液で肌を整えることも忘れないで下さい。

ニキビ肌洗顔方法

皮脂と水分の両方が足りないのがドライ肌です。考えようによっては、ドライ肌の方が肌の手入れが大変かもしれません。

ドライ肌の場合は皮脂も水分も少ないので、両方を必要なだけ補いましょう。保湿効果の高い化粧品や美容液などで水分を補給し、乾燥の度合いによって乳液やクリームを使って下さい。

クレンジング剤はソフトな乳液やクリームタイプがおすすめです。

洗顔では、お湯を使わないようにしましょう。お湯を使ってしまうと、皮脂を余計に落とします。なるべく水を使うように心がけて下さい。

洗顔後はホットタオルで肌を柔軟にしてから保湿して下さい。

【ニキビ治療予防対策ワンポイント】
乾燥肌の対策改善方法としては、洗顔で皮脂の取り過ぎに注意することです。そして、弱酸性洗顔剤を使い洗顔をして、化粧水で水分補給と乳液などで肌を整えることが必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です